陥没乳頭

陥没した乳頭をひきだして自然な美しさをとりもどせます。

陥没乳頭に悩む女性は多いものの、デリケートな部分の悩みでほかの人にはなかなか相談できないようです。乳頭が乳房に隠れているので、乳頭がなく平らに見えたり、引っ込んで見えたりと不自然に感じます。見た目以外にも、乳腺炎や授乳ができないという問題があります。手術で乳首を引っ張り出して、引っ込まないように切開し縫い合わせます。乳首の形を定着させるようにしばらく安静と固定が必要です。

このような方にオススメ

  • 乳頭がへこんでいることにコンプレックスがある
  • 子どもが生まれたら授乳したい
  • 陥没乳頭のせいで授乳するのに困った
  • 吸引治療をしても効果なかった
  • 陥没乳頭で乳腺炎を起こしたことがある

リスク・副作用について

傷の安静には注意が必要です。

乳頭は体から飛び出ているので、無意識に手や衣類が傷口を刺激してしまうことがあります。しっかりとガーゼで覆って保護してください。抜糸は1~2週間前後ですが、傷跡が落ち着くまでには数カ月かかります。

手術後しばらくの間、乳頭が硬くなることがあります。

術後3日間は腫れが強くでますが、徐々に引いていきます。ある程度傷が治ってもしばらくは固さが残ることがあります。半年もすれば元のように柔らかくなりますので、ご安心ください。

手術後、また陥没する可能性もあります。

ほとんどの場合に再発はありませんが、まれに傷が治る過程で再陥没が起こることがあります。そのときには再度手術を行うことになりますが、アプローチの方法を変えて行います。

施術の流れ

手術前

  • STEP01

    カウンセリング

    形成外科の経験豊富ないしがカウンセリング。陥没の程度を見極めて、適切な手術方法をご提案いたします。この際に保険適応かどうかも判断いたします。

  • STEP02

    手術方法の説明と予約

    担当する医師が手術方法や副作用、術後の経過について詳しく説明いたします。きちんとご理解、ご納得いただけましたらご契約となり、施術する日を予約いたします。

手術当日

  • STEP01

    手術

    麻酔をかけます。手術は30分~1時間程度です。乳頭を十分に引き出してから、引っ込む癖のついた皮膚を機って丁寧に縫い合わせます。麻酔は局所麻酔ですが、ご不安な方はお声がけください。

手術後

  • STEP01

    術後診察

    手術後は麻酔からの回復状態や出血の有無を確認してから帰宅となります。状態によって痛み止めなど処方いたします。

  • STEP02

    定期診察(アフターフォロー)

    術後は抜糸と1ヶ月に診察を受けていただきます。抜糸は1~2週間前後です。乳頭の腫れや縫合した傷の治りなどを確認します。経過やご希望によっては通院日をずらしたり、回数を増減いたします。

よくある質問

陥没乳頭は手術したほうがいいですか。
今後授乳の予定がある方は保険適応にもなるので、できれば妊娠前に手術しておいた方が良いでしょう。放っておくと不衛生になって乳腺炎を起こすリスクもあります。当院では自費診療を行なっておりますので保険適応にならない方にも治療を行うことが可能です。
乳首はデリケートなところなので痛みが心配です。
痛みの感じ方には個人差がありますが、手術中には局所麻酔を行うので気になりません。手術後も痛み止めの内服でコントロールできます。3日程度で痛みや腫れは徐々に落ちついてきます。

料金表

陥没乳頭

360,000円(税込396,000円)

陥没乳頭は一部保険適応で治療できますが、当院は保険適応にならなかった方々の治療も承ることが可能です。
保険診療を経験してきた形成外科専門医が治療を提案させていただきます。

CONTACTお問い合わせ

お急ぎの方はLINEがスムーズです!

お電話でのご予約・お問い合わせ

03-6805-0878

【営業時間】10:00~19:00(不定休)

WEBでのご予約・お問い合わせ

メールの場合は返信に2~3日かかる場合がございますので、お急ぎの方はLINEでお問い合わせください。

※未成年者の方が施術を受ける際は保護者の同意書が必要となります。こちらからダウンロード頂き、ご記入捺印のうえご持参ください。