ボディーのたるみ切除

ボディーのたるみ切除

太って伸びてしまったお腹の皮膚、ダイエットで余ってしまった皮膚を切除してスッキリとしたボディラインを。

太ると脂肪が増えるだけでなく皮膚も伸びてしまいます。皮膚が大きく伸びていたり、長い期間皮膚が伸びていたり、ダイエットを頑張ると皮膚だけ余ってしまうことがあります。この余った皮膚は手術で切り取らないと対応できないことがあります。必要に応じて脂肪吸引などを行います。

このような方にオススメ

  • 太って腕や太もも、お尻の皮膚が伸びてしまった
  • ダイエットを頑張ったが、
    伸びた皮膚だけ余ってしまった

リスク・副作用について

傷が目立つ場合があります。

傷が目立って治ってしまう場合があります。傷が目立って治ってしまった場合には注射や貼り薬などでなるべく目立たなくなるように治療いたします。

皮膚の下に液が貯まる場合があります。

たるみのあった皮膚を切り取り、切り取った分だけ皮膚を動かすため、皮膚の下に空洞ができます。この空洞に漿液という液が貯まることがありますが、時間をかけてゆっくり吸収されていきます。水が移動して気持ち悪い、痛みがある場合、お水を注射器などで抜くことが可能です。

施術の流れ

手術前

  • STEP01

    カウンセリング

    経験豊富な医師が丁寧にカウンセリングします。他に組み合わせた方が良い術式はないか、相談いたします。

  • STEP02

    手術説明と予約

    施術担当の医師が手術の方法や副作用、術後の経過について詳しく説明いたします。きちんとご納得いただいたうえで、ご契約となり施術を受けていただけます。

手術当日

  • STEP01

    施術

    静脈麻酔での手術となります。

手術後

  • STEP01

    術後診察

    手術後は麻酔からの回復状態や出血の有無を確認してから帰宅となります。

  • STEP02

    定期診察(アフターフォロー)

    術後数日でドレーンという血抜きの管をぬきます。術後1週間で一度診察、術後2週間程度で抜糸を行います。必要時には術後1ヶ月に診察を受けていただきます。腫れの程度や経過、疑問点などもこの時に解消できるよう医師が診察を行います。定期診察日以外で不安な点があった際はLINEにて無料相談がいつでも可能です。

よくある質問

傷跡は残りますか?
大きな皮膚のたるみを解消するために傷はどうしても残ってしまいますが、ボディラインの稜線や下着に隠れるように配慮いたします。
ダウンタイムはどれくらいですか?
二週間ほど内出血、腫脹、痛みがある期間です。それ以降は拘縮期となり、皮膚の下が硬くなります。この時期は1~3ヶ月をピークに半年程度続きます。運動などは1ヶ月から軽負荷のものから始めていただきます。完成は半年〜一年を見込みます。

料金表

ボディーのたるみ切除

二の腕(両側)
モニター価格
1,000,000円(税込1,100,000円)
通常価格
1,200,000円(税込1,320,000円)
内腿(両側)
モニター価格
1,000,000円(税込1,100,000円)
通常価格
1,200,000円(税込1,320,000円)
臀部(両側)
モニター価格
1,000,000円(税込1,100,000円)
通常価格
1,200,000円(税込1,320,000円)
その他の部位
通常価格
応相談 円

ダイエットが成功しても伸びた皮膚が残ってしまうと好きな服が着れないばかりか、皮膚が擦れて痛いことがあります。
余った皮膚を取り除いてダイエット成功後の有意義な生活を手に入れましょう。

CONTACTお問い合わせ

お急ぎの方はLINEがスムーズです!

お電話でのご予約・お問い合わせ

03-6805-0878

【営業時間】10:00~19:00(不定休)

WEBでのご予約・お問い合わせ

メールの場合は返信に2~3日かかる場合がございますので、お急ぎの方はLINEでお問い合わせください。

※未成年者の方が施術を受ける際は保護者の同意書が必要となります。こちらからダウンロード頂き、ご記入捺印のうえご持参ください。