鼻翼縮小

鼻翼縮小

鼻の横幅を改善することで、お顔全体の鼻の存在感をコントロールします。

小鼻の部分を切除することにより、正しい小鼻のサイズに近づけます。切除の方法には鼻の内側を切る内側法、鼻の外側を切る外側法の2種類がありますが、それぞれの方のお鼻に合わせて術式を選びます。これらを組み合わせて手術する場合もございます。

このような方にオススメ

  • 鼻の横幅が気になっている
  • 鼻の穴が大きい
  • 鼻の穴の形が好ましくない

リスク・副作用について

あまり大幅に切除しすぎはいけません。

大幅に鼻翼を切除してしまうと、将来的に鼻先を高くする手術の際に延長量に制限が加わってしまう可能性があります。

傷が目立つ可能性

傷はほとんどわからなくなる程度に治ることが多いですが、体質、傷跡のケアなどの違いで目立って治ってしまう場合があります。傷は基本的に引っ張ったり触れたりしない方が、綺麗になります。

施術の流れ

手術前

  • STEP01

    カウンセリング

    形成外科医によるカウンセリングを受けていただきます。実際に切除幅をシミュレーションし理想の形や幅になるように丁寧にカウンセリングいたします。

  • STEP02

    手術説明と予約

    担当する医師が手術方法や合併症、術後の経過について詳しく説明いたします。きちんとご理解、ご納得いただけましたらご契約となり、施術する日を予約いたします。局所麻酔での施術になることがほとんどです。

手術当日

  • STEP01

    施術

    理想のお鼻になるように細かくデザインを行ってから施術いたします。局所麻酔が効いてしまえば、特に痛みは生じません。

手術後

  • STEP01

    術後診察

    手術後は痛みの程度や出血の有無を確認してから帰宅となります。

  • STEP02

    定期診察(アフターフォロー)

    術後7日目に抜糸と診察、必要時には術後1ヶ月に診察を受けていただきます。腫れの程度や経過、疑問点などもこの時に解消できるよう医師が診察を行います。定期診察日以外で不安な点があった際はLINEにて無料相談がいつでも可能です。

よくある質問

内側法と外側法どちらが適応ですか?
鼻横のふくらみが大きい方は外側法、あまりふくらみが大きくないが鼻の穴の直径が広い方は内側法になります。両方を内側+外側切開として組み合わせて行う場合もございます。
傷は目立ちますか?
内側法、外側法、両方ともそこまで目立たなくなることがほとんどですが、内側切開の方がより目立ちにくいです。
ダウンタイムはどれくらいですか?
二週間ほどが内出血、腫脹、痛みがある期間です。それ以降は拘縮期となり、皮膚の下が硬くなります。この時期は1~2ヶ月続きます。完成は3ヶ月を見込みます。あまり大きく笑ったりなど、傷に負荷はかけない方が傷が綺麗に治る場合が多いです。

料金表

鼻翼縮小

外側・内側
モニター価格
各250,000円(税込各275,000円)
通常価格
各300,000円(税込各330,000円)
内側+外側
モニター価格
350,000円(税込385,000円)
通常価格
420,000円(税込462,000円)

お鼻の状態によっては小鼻縮小だけでも鼻全体の印象が大きく変わる方がいらっしゃいます。
一度当院へご相談いただければ幸いでございます。

CONTACTお問い合わせ

お急ぎの方はLINEがスムーズです!

お電話でのご予約・お問い合わせ

03-6805-0878

【営業時間】10:00~19:00(不定休)

WEBでのご予約・お問い合わせ

メールの場合は返信に2~3日かかる場合がございますので、お急ぎの方はLINEでお問い合わせください。

※未成年者の方が施術を受ける際は保護者の同意書が必要となります。こちらからダウンロード頂き、ご記入捺印のうえご持参ください。